×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

全て自分で選択するという事

全て自分で選択するという事

全て自分で選択するという事

自動車保険に加入するときは、今まで保険の外交員や代理店の営業マンなどがいろいろな条件を踏まえた自分に合った自動車保険のプランを立てて、その見積りを見ながら話を進めるというのが当たり前となっていました。

 

加入者側をその見積りを見ながら説明を受け、その見積りに足したり引いたりして自分なりの自動車保険というものを作り上げていたわけです。

 

しかし、通販型自動車保険は、誰も説明をしてくれません。
唯一の説明となるのが、その保険会社のWebサイト内にある「○○ガイド」だとか質問コーナーだけで、後は自分の判断で自動車保険の内容や特約などを選ぶことになります。

 

通販型自動車保険の一番の特徴となるのがすべて自分で選ぶという事です。
これで何ともなく一年を過ごせていれば特に不自由は感じないはずですが、例えば、大きな事故を起こしてしまい車は大破!、相手の車や怪我などは対人・対物保険で十分補償できたのですが、自分の車は、車両保険に入っていなかったためにすべて自腹となってしまうという事もありうるのです。

 

それ以外にも意外と範囲が狭い搭乗傷害保険ではまかないきれず、人身傷害保険にすればよかったなんて後で後悔しても、それは全て自分で選んだことですので誰も攻めることができないのです。
従って、通販型自動車保険に加入するときは、店舗型自動車保険に入る以上に内容の確認が必要となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ